6

7

老舗メーカーでもある本間ゴルフからアベレージゴルファー向けに「Be ZEAL 525 ドライバー」が発売されました。本間ゴルフと言えば、プロモデルの「TOUR WORLD」シリーズが有名で、他にもシニア向けブランド「BERES」シリーズなどがありますが、今回の「Be ZEAL」シリーズでターゲット層を広げていくようです。

ちなみに今回試打した「Be ZEAL 525 ドライバー」の『ZEAL』という英単語は目標・仕事などに対して熱意, 熱心, 熱情, 熱中という意味らしいです。

ソフトスペックなヘッド

ヘッドの体積は460ccですが、重い「TOUR WORLD」とは違い総重量は300gを切っています。ヒール、トゥにそれぞれウェイトが付いていますが、これ以外の凝った調整機能はありません。

ヘッドの形状はややディープなフェースにヒップダウンしたセミシャローバックとなっています。今はこのような形状がドライバーでは主流になりつつありますね。

構えてみるとややフックフェース気味でクラウンの投影面積は大きいです。安心感と捕まりの良さが伝わってきました。

ミスヒットに寛容で球のつかまりも◎

軽く素振りをしてみると、かなりソフトスペックな仕上がりでした。軽量で純正シャフトはかなりしなります。手元はしっかりしていますが、先が走ってくれるタイプのシャフトです。

打ってみると、弾道的には高弾道と強弾道の間ぐらいの感じで、球は上がりやすく直進性も高いです。球の捕まりもかなり良いのでハイドロー仕様と言って良いと思います。強く振っても吹き上がる心配もなく、楽に綺麗な放物線を描いてくれました。前に前に強い球がオートマチックに飛んでくれる点は好感触でした。

フェース面を見ても分かるスイートエリアの広さはミスヒットをカバーしてくれて、左右にバラつくようなこともありません。多少打点がズレてもスピン量、飛距離を一定に保ってくれます。

万人にオススメできるオートマチック系ドライバー

打感は意外としっかりしていてやや硬めです。特に気にするほどではありませんが、ドライバーの特性を考えると、もう少しマイルド系でも良いように個人的には思いました。

純正シャフトはかなり軟らかい設計なので強く叩いていくヒッタータイプの方には当たり負けする可能性がありますが、シャフトのしなりを活かして振り抜くとタイミングも合って、芯をとらえてくれます。

同じメーカーでも、思いっきり叩けるプロモデルの「TOUR WORLD」シリーズに対して、やさしく振り抜ける万人が扱いやすいのが今回の「Be ZEAL」シリーズと言えそうです。

「Be ZEAL 525 ドライバー」はメーカーの意図通り、誰でも使いこなせるような、敷居が低いオートマチック系ドライバーですので、特にヘッドスピードに自信がない方、スライサーの方とは相性が良さそうです。

本間ゴルフ Be ZEAL 525 ドライバーのお買得情報はこちら

2