1

2

今回、試打評価したのは「コブラ AMP ドライバー」になります。Advanced Material Placement(日本語にすると素材の最適配置)の頭文字を取って「AMP」と名付けられたようです。

ソールカラーがコブラらしくてとてもカッコよく、リッキー・ファウラーでお馴染みのオレンジカラーが際立ってますね。以前試打した「S3 ドライバー」がなかなか好印象でしたので、今回もかなり期待を持って試打に臨みました。

3

今回の「AMP ドライバー」には、最近では主流になりつつあるチューニング機能が搭載されています。ライ角、ロフト、フェースアングルが調整できて、シャフトも脱着タイプです。試打時は特にいじる事無くニュートラルで打ちました。

ソールカラーは黒を基調としてオレンジカラーが配色されており、グリップもオレンジで見た目は結構派手ですね(笑)クラウンは光沢感があるシルバーカラーになっています。最近のドライバーはどんどんカラフルになってきている気がするのは私だけでしょうか?

ヘッド形状はディープフェースのシャローバック形状です。この組み合わせも最近のドライバーでは結構良く見られます。ただ、今回の「AMP ドライバー」のフェースはかなり厚みのあるディープフェースで、重心距離もかなり長く感じられました。

4

試打時のシャフトは純正シャフトでフジクラ製のランバックスでしたが、試打前に素振りをしてみると、コレがかなりのソフトスペックでした(笑)すごく軟らかくて、且つドライバー自体軽いのでしっかり感があまりありません。タイミングを合わせるのも難しくて、私にはとても相性の悪いシャフトに感じられました。

フィーリングに関しても、感触はイマイチでした。昔のコブラといえばどちらかというと打感は硬いイメージでしたが、「AMP ドライバー」はかなりマイルドな味付けになっています。打音もぼやけた感じでグッドフィーリングとは言い難かったです。

「S3 ドライバー」も打感はどちらかといえば同じマイルド系でしたが、程よい弾き感があり、ボールがフェースに乗っかる感触が好印象でした。しかし、「AMP ドライバー」は打っていてあまり手応えを感じられず、振り抜き感も悪かったです。シャフトとの相性が悪かったせいもあると思います。

コブラならではの安定したドライバー

出球傾向は私のスイングですと、ストレートボールのつもりで打つとドロー系の球になりました。そんなに球の捕まりが良いドライバーだとは感じませんでした。スライサーよりも左にミスショットが出てしまうようなフッカーの方が相性が良いと思います。

唯一良かった点は「安定性」です。コブラのドライバーはどれもスイートエリアが広いイメージがありますが、今回の「AMP ドライバー」も打点のブレに強くてミスをしっかりカバーしてくれました。ミート率に自信のない方にはオススメです。

コブラファンにはオススメのドライバーです

弾道に関しては高弾道で飛距離もそれなりに出ると思います。ただ、シャフトとフィーリングが私には全く合っていなかったので、「AMP ドライバー」が持つ本来の性能を十分に活かしきれなかった気がします。左右に曲げて操作性能も試してみましたが、全然ダメでした(笑)

シャフトとヘッドのマッチングが悪く、私との相性はあまりよくありませんでしたが、軟らかいシャフトが好みの方でしたらタイミングは取りやすいと思います。また、従来のコブラのドライバー機能は十分備わっていると思いますので、コブラファンの方には是非試してほしいドライバーです。

コブラ AMP ドライバーのお買得情報はこちら

2