11

1

ヘッド全体のアウトラインは、面長のユーティリティらしい形状ですが、このクラブで特徴的なのが、フェースプログレッションがしっかりと取られていることです。そういった点からもフェース面の趣きは、どちらかといえばフェアウェイウッドタイプのユーティリティといえるでしょう。

打ってみると、フェースがシャフトよりも前方に位置しているため、インパクトでボールを強く押し込んでいける特性があります。ボールの質量をじっくりと手に伝えながら、鋭い初速感を得たボールは、インパクト後の視界から一気に消えていく…というイメージです。

2

また、押し込めるということは、フェースにボールが乗っている時間も長めのはずですが、データに表れたサイドスピンはとても少ないことも特徴でしょう。

敢えて打点をずらしてヒットしても、その打点のブレは実感できるものの、結果として導き出されたボールは、サイドスピンの少ない直進性に長けたボールが描き出されていきました。

使用するボールによっても、当然変化は出てきますが、ソフトフィーリングのディスタンス系との相性がよさそうに感じたユーティリティだと思います。

ヨネックス ユーティリティのお買得情報はこちら

ヨネックス Royal EZONE フェアウェイウッドの試打レビュー

3

見た目の雰囲気は、投影面積が大きく、ヘッド全体のボリュームもあるので、パワースプーン系のイメージというのが、私のファーストインプレッションでした。

しかし、いざ打ってみると、そのヘッドの大きさが決して邪魔になりません。同シリーズのドライバーと同じフィーリングで、ボールをやさしくつかまえ、少ないパワーでもラクにボールを拾ってキャリーヘとつなげてくれる安心感がこのクラブにはあります。

また、特徴的なのが装着されているシャフトです。一見すると頼りなさを感じるほどの軽さですが、ヘッド挙動を安定させるブレのない力強さを備えています。

非力なスイングなら、そのしなやかさがヘッドを走らせてボールをキレイに拾い、気持ちのいい高弾道の大きなキャリーにつなげてくれますし、やや力感のあるスイングをしても、ヘッドが遅れずにタイミングよくボールをヒットできるので、高弾道の力強いボールへと変化させてくれました。

どんなパワーレベルでも軽快に振り抜けて、大きなキャリーで距離を稼いでくれるフェアウェイウッドですので個人的にオススメです。

ヨネックス フェアウェイウッドのお買得情報はこちら

2