3

1

このフェアウェイウッドは、シャフトとのマッチングが絶妙です。ボールのつかまりの良さをコンセプトとして開発していますが、シャフトの先端部に十分なしなやかさがあって、ゆったりとしたスイングでも、こともなげにボールをつかまえていく過程の中で、気持ちよくボールも拾っていってくれます。

構えた時に感じるアップライトな作りも、そのクラブの動きとリンクしていて、ボールのつかまりの良さを明確な機能として、クラブが訴えかけているようです。

打ち出されていくボールは、クラブの挙動通りのキレイなドロー系のボールでした。低重心化の重心コントロールも手伝って、ボールを上げていく意識を持たなくとも、らくに高弾道ボールを結果として導き出してくれています。

打球音もやや高めの澄んだ音でした。弾き感と初速の速さを実感できる音のため、スイングに無駄な力みが生じないというメリットも感じられる作りです。

ボールのつかまりがしっかりと特徴として出ているので、スライスの矯正能力という面も高いですし、スライサーもやさしく飛びを手にできる逸品です。

オノフ フェアウェイウッドのお買得情報はこちら

ONOFF FAIRWAY WINGS TYPE-Sの試打レビュー

4

このクラブは、ユーティリティの王道とでもいえそうなアドレスルックをしており、シャフトセンターにトップラインがしっかりと配置されたデザインは、状況に左右されない構えやすさを持っています。

また、シャフトの延長線上にフェースがデザインされていることで、ゴルファーの意図するスイングによって、しっかりとフェースコントロールをしながら、ボールにコンタクトしていける安心感があります。

これは、高い操作性を発揮する上では必要不可欠な点であり、スキルの高い上級者好みのデザインといえるでしょう。

打球感もボールの質量をしっかりとフェースで受け止める感覚が伝わってきて、そのボールはフェースの上に落ち着いてとどまっているようなマイルドなフィーリングは、不艘にポールを弾き返してしまうのではなく、ターゲットに向けてボールをしっかりと運んでいく感覚で打っていくことができます。

上級者が好んで使用するウレタンカバーのスピン系ボールととてもマッチしている雰囲気がありますし、そんな上級者が求める綴密なコントロールにもしっかりと対応してくれるユーティリティに仕上がっています。

ONOFF FAIRWAY WINGS TYPE-Sのお買得情報はこちら

2