5

6

今回、試打評価したのは「テーラーメイド グローレ ドライバー」です。先月、同じテーラメイドの「ロケットボールズ ドライバー」を試打したばかりですが、今回のグローレはテーラーメイド社もかなり気合が入っているようで、今も雑誌等でよく見かけます。

このドライバーは日本市場向けのドライバーで、キャロウェイ社で言うところのレガシーシリーズと同じ販売戦略ですね。シニア層をターゲットとしているようで、ライバルは「ゼクシオ セブン」や「PHYZ」といったところでしょうか?

シニア層をターゲットにしたドライバー

今回の「グローレ ドライバー」はテーラーメイドでは全く新しいブランドになりますが、パッと見た感じではホワイトカラーのインパクトはありますが、同じテーラーメイド社の「r11」などとそんなに変わらない印象ですね(笑)

それにしても今年になってから、テーラーメイドは新しいクラブを立て続けに出してますね。

ソールデザインはホワイトとブラックのコントラストでブラック基調になっています。そしてクラウンはお馴染みのホワイトカラーです。ソール部分、ヘッド後方、クラウンマークにはグローレのエンブレムが記されています。これが個人的にカッコいいと思いました。

ただ、シニア層対象にしていて、このホワイトカラーが果たして受け入れられるのか?という疑問もありますね(笑)

ヘッド形状はシャローバックでフェースはディープになっています。構えてみると若干フェースが被っていて、ややフックフェースのような気がしました。ネックの後方にウェイトがあることからも、明らかに「球のつかまりやすさ」を意識したドライバーと言えそうです。

一応、調整機能も搭載していますが「r11」ほど多彩な機能ではありません。ちなみに「グローレ GLOIRE」の意味ですが、これは英語ではなく昔のスコットランド語らしく「栄光」を意味するらしいです。

純正シャフトは柔らかくてしなり過ぎ(笑)

試打時のシャフトは「GLOIRE GL550」で素振りした感じはかなりのソフトスペックでした。ドライバー自体も軽いですし、シャフトも柔らかいです。さらにドライバーの長さも46インチと長尺ドライバーで私の苦手なタイプです(汗)

「やさしさ」を意識しているのは分かるのですが、私にはとてもタイミングが取りづらく、気持ちよく振りぬける感じではありませんでした。

実際に打ってみると、フィーリングに関しては打感、打音ともに問題なかったです。どちらかと言えば弾き系のドライバーだと思いました。出球傾向はストレートのつもりで打つと、見た目通りドロー気味の球が飛びました。

球の上がり具合は非常に良く、高弾道ドライバーと言えます。ただ、私の場合はシャフトがしなり過ぎて思った以上に高く上がってしまいました。低く抑えようといろいろ工夫をしてみたのですが、思うような弾道は打てませんでした。さらに思いっきり叩いていくと吹き上がりが目立ちました。

あくまで私の場合は上がり過ぎだと感じましたが、やさしく高弾道が打てるという点では良いドライバーだと思いました。

ロケットボールズとグローレを比較してみると…

「グローレ ドライバー」の1番の特徴は「球のつかまりやすさ」です。コレに関してはメーカーの狙い通りで、右方向にプッシュすることもなく非常に良いと思いました。スライスで悩んでいる方はかなり重宝しそうなドライバーと言えそうです。また、スイートエリアも広く設計されているようで、球がバラつくという事は無く、シビア感がない安定性の高いドライバーです。

操作性は良いとはいえませんでしたが、球のあがりやすさと捕まりやすさを上手く活かすことで飛距離も向上すると思います。トータルバランスは決して悪くないドライバーでしたが、純正シャフト「GLOIRE GL550」が私には全然合っていなかったので、今回の試打ではこのドライバーのポテンシャルが十分に体感できなかったように思えます。

先月試打した「ロケットボールズ ドライバー」と今回の「グローレ ドライバー」は同じ軽量系長尺ドライバーで特徴も似た部分が多いですが、私は「ロケットボールズ」の方が良いと思いました。「グローレ」はシャフトが合わなかったこともありましたが、私のスイングですと「ロケットボールズ」の方が弾道に力があり直進性も高いです。

球の捕まりが良くスライサー向けドライバー

「グローレ ドライバー」はガンガン叩きたいヒッタータイプや操作性を求める方には不向きなドライバーだと思います。

逆にスインガータイプで球の捕まりが欲しい方、極度のスライサー、柔らかいシャフトでゆったりしたスイングの方には「グローレ ドライバー」は合うはずです。メーカーの意図通り、パワー不足に悩んでいるシニア層の方にもオススメです。

テーラーメイド グローレ ドライバーのお買得情報はこちら

2