2

1

「ブリヂストン JGRドライバー」のターゲット層は上級者向けの先代「GR」からアベレージゴルファーまで広げています。つまりはより易しいドライバーだと推測されます。そのへんの寛大さに注目して試打をしてみました。

アドレスルックから見受けられる印象として、ヘッド体積は絞り込まれておらず、ボリュームのある丸型の曲線のラインが強調された丸型のアウトラインは、いかにもブリヂストン顔で「やさしさ」を強調したデザインと言えます。

オートマチックにスイングしたい方向け

投影面積も大きく、これだけヘッドのボリューム感があると、なかなかヘッドは動かしづらくなるものですが、重心位置の設定が絶妙なようで、思い通りのフェースコントロールを機敏に行っていくことができます。

打球感も無垢なフィーリングでした。弾くというよりもフェースにボールを乗せて、ターゲットに運んでいくという表現が、もっともマッチしているでしょう。

しっかりと球の重さを感じながら、フェースに乗っていくのが伝わります。先代モデルと比べても、よりオートマチック感が強まった感じです。

直進性のある弾道で飛距離アップに期待大

純正シャフトはヘッドを素直に動かしてくれる安定感の高さが特徴的でした。ヘッドスピードに合わせたしなりの中で、ヘッドを心地よく動かしていける無駄のない動きは、叩いた分だけ飛ばしに繋げていける馬力を持っています。

また、打点のミスにも寛容で、ミスヒットは手元にしっかりと伝わるものの、打点のブレのイメージ以上にミスに繋がらない許容性の広さを持っています。シャフトも先端がしなやかで、ボールの拾いやすさをその動きとして表現してくれているようです。

このドライバーには重量調整ネジが付いていて、ヘッドの重さや重心の角度や重さを変えることが出来ますが、あまり変な小細工はしない方がこのドライバー本来の良さが出ると思います。

ヘッドの挙動の安定性を考えると、球筋を操作するような打ち方にも対応できるドライバーではありますが、どちらかと言えば、直進性のある弾道をオートマチックに打っていって飛距離を稼ぐ方がこのクラブのポテンシャルを発揮できるはずです。

ブリヂストン JGRドライバーのお買得情報はこちら

2