1

2

今回試打したのはミズノのJPXシリーズの新モデル「JPX EⅢ svドライバー」になります。去年試打した「JPX850 ドライバー」は飛距離性能が向上していましたが、今までのJPXシリーズにあった寛容性が無くなって、少しシビアなドライバーになってしまった印象でした。

しかし、今回の「JPX EⅢ svドライバー」はメーカーの説明を雑誌等で見る限りでは、とにかく「球のつかまり」を意識してやさしく飛距離を伸ばせるドライバーをコンセプトに開発されたようです。

「JPX850」同様に今回のドライバーも調整機能が搭載されていますが、「JPX850」は重心の深さのみが調整可能だったのに対し、「JPX EⅢ sv」は重心の深さにプラスして重心距離も同時に調整できるようになっています。このことからも「球のつかまり」を重視しているのがよく分かります。

「JPX850」の発売以降、ミズノでもドライバーに調整機能が搭載されるようになりましたが、もう1つの人気ブランドである「MP」シリーズには調整機能がついていません。今後はミズノでは「JPX」シリーズが調整機能付きドライバーの役割を担っていくのかもしれません。

4

フェースはセミディープな感じですが、ネック側にいくほどディープでトゥ側はシャローになっています。これも「球のつかまり」を意識して設計されているのだと思われます。ボディはシャローバックです。

軽くワッグルしてみると、いかにもしなりそうなシャフトでJPXらしい軟らかさで重量も軽めでした。やはり、去年試打した「JPX850」とは対照的にこのドライバーはソフトスペックで扱いやすさを重視しているのが伝わってきました。

3

アドレスしてみると、クラウンの投影面積は大きめで安心感があり、フックフェースはまさにボールのつかまりの良さをクラブが語りかけてくるような雰囲気を持っていました。オフセットをつけたようなネックの形状は、フェースだけを見れば、まるでアイアンを構えているような趣きです。

実際に打ってみても、インパクトゾーンでのボールのつかまりは、なかば強制的な感覚で、ボールがいやおうなしにつかまえられて、ストレートに打っていてもすべてがドローボールに変わるほどです(笑)完全なハイドロー仕様のドライバーだと思いました。

5

試しにフェースを開いてインパクトを迎えようとしても、フェースがくるりと返ってきてボールをつかまえてしまうため、スライスを打てないクラブになっています。

ここまでオートマチックに球がつかまり、しっかり球を上げてくれるドライバーはなかなかありません。シャフトは先端がしなって、ヘッドが走ってくれるのでスライスに悩んでいるスインガータイプのゴルファーには非常に相性が良いと思います。

当然ですが、持ち球がドロー、フック系で特に叩いていくタイプのゴルファーとは相性が合わない可能性は非常に高いです。

ミズノ JPX EⅢ svドライバーのお買得情報はこちら

2