6

7

今回はコアなファンが多いコブラの「KING LTD ドライバー」の試打レビューになります。先代モデルは90年代に発売された「KING」シリーズになります。

ヘッドのカラーリングはクラウン、フェースともにオールブラックです。ソール部分にはオレンジが差し色として入っています。

目を引くのがソールにある大きな目の玉のようなウェイト。この部分にウェイトを配置することで、今流行りの低重心設計をアピールしているのでしょう。フェースは若干シャローですが、後方ボディはシャローでもディープでも無い感じです。

8

アドレスしてみると、洋ナシ型でクラウンの投影面積はそれほど大きく感じませんでしたが、カラーがブラックという事もあってか安心感がありました。

また、打って実感したのはシャフトの腰の強さです。標準のグラファイトデザイン ツアーADのSフレックスでしたが、スペック以上の強さがあるため、スイングでぐんぐんヘッドスピードを加速させていっても、ヘッドが遅れてきたり、バタつく動きがまったくありません。

まさしく、振り応えのあるマッチングでテンポよく、フェースをターゲットに向けたままワンピースに振り抜いていけるイメージです。

重さのあるドライバーでパワフルに飛距離を伸ばしたいゴルファー向け

打ち出しの弾道は少し高めの高弾道でほぼストレート系でした。捕まりは良いですがスライスが簡単に克服できるほどの性能はありません。

しかし、スイートエリアの広さはそれなりにあるので、意図的に打点をバラつかせても、そのブレを感じさせない打球感があり、方向性がまとまってくる許容性の広さは感じられました。

重心が深いため左右にボールを曲げて打つような操作性は持ち合わせていませんが、パワフルに振り込めるゴルファーが、ミスを気にせず叩き込むほどに飛距離を伸ばしていけるドライバーです。

あと、最近のドライバーには珍しく重量が若干重めに作られているので、軽いドライバーに頼り無さを感じるタイプの方にもオススメです。

コブラ KING LTD ドライバーのお買得情報はこちら

2