2

1

2015年末に発売されたばかりのテーラーメイドの「M1 ドライバー」の兄弟分にあたる「M2 ドライバー」の試打レビューになります。

見た目はそんなに変わった感じがしませんが、低重心と軽量化設計されてヘッドのたわみによる寛容性もプラスされたようです。

アドレスルックは、テーラーメイドの特徴である白と黒のコントラストがやや明るめで、見た目にも映える白さが特徴です。このコントラストが、ターゲットに対してセットアップのしやすさをサポートしてくれるように感じました。

4

アドレスした時に見えるスコアラインの入り方やフェースの顔出しにも歪みがなく、とてもいい顔をしている印象を受けました。デザイン的には「M1 ドライバー」とほとんど変わりません。ソールがすこしシンプルになったぐらいです。

投影面積が「M1 ドライバー」よりもすこし大きくなったらしいですが、私は構えてみてもあまり感じませんでした(笑)

フェースはすこし右を向いていてスライスフェースになっていますが、そこまで気にならないと思います。

3

クラブの長さは45.75インチと若干長尺の設定ですが、その振り心地の良さはかなり軽快でした。シャフトの重量は軽めの設定ですが、振っていて頼りなさを感じることは全くありません。

実際に打ってみると、明らかに「M1 ドライバー」よりも軽さを感じました。そして、インパクト時のボールの質量をしっかりとフェースに貯め込みながら、一気に弾き返せる強さがこのシャフトには備わっています。

5

打ち出されるボールは、弾きの強さもあってか、スピンが抑えられた伸びのある中弾道でした。インパクトゾーンにおけるヘッド挙動の安定感から、打点のブレにも強い特性を持っています。

「M2 ドライバー」には「M1 ドライバー」のような弾道調整機能はついていませんが、これだけロースピンな弾道がニュートラルに打てるのであれば必要ないと感じました。さらにドライバーの総重量も軽いので、思いっきり振り抜けます。

テーラーメイドといえば凝った調整機能が代名詞になっていますが、今回の「M2 ドライバー」みたいにシンプルに抑えた方が個人的には好みです。そういった意味でも「M1 ドライバー」よりも「M2 ドライバー」の方が私はオススメです。

テーラーメイド M2 ドライバーのお買得情報はこちら

2