1

2

ミズノのJPXシリーズがアベレージ向けなのに対してMPシリーズはアスリートもしくはプロ使用の超本格派ドライバーになります。私には使いこなすことは出来ないのは重々承知していたのですが(笑)今回は新しく発売された「MP CRAFT ドライバー」の試打にチャレンジしてみました。

ヘッドの体積は450ccで少し小さめですが、アドレスしてみるとそれほど小さいとは感じませんでした。とは言ってもそれは他のMPシリーズに比べたらの話で普通のドライバーに比べたら明らかにコンパクト感は強いです。

投影面積も無駄を省き、随所に絞り込まれたフェースのディープ感が目に飛び込んできますし、アドレスしただけで一筋縄ではいかない雰囲気を漂わせています。最近のドライバーとしては珍しく「ディープバック+ディープフェース」の形状はさすがプロ使用だと思いました。このパーシモンライクに懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか?

4

相当振り込んでいかなければ使いこなせないというのが自然と伝わってくる所はさすが本格派と言わるドライバーだけあるな…と身が引き締まりました。

実際に打ってみると、フィーリングは無垢な塊にボールをヒットさせている感覚と言うとちょっと抽象的過ぎるかもしれませんが、フェースの弾きとか、クラブヘッドが走る感覚とか、ゴルファーを助けるような機能はまさしく皆無です(笑)

ゴルファーのレベルをそのまま反映するようなドライバーです。コチラのレベルが高ければそれに合わせてくれますが、最近のドライバーのようにミスヒットをカバーしてくれるような寛大さは持ち合わせていません。

3

かなり打ち込んだ結果、ようやく使いこなせるようになったところで初めてこのドライバーの恩恵を受けることができました。それは操作性です。

これだけのディープフェースですので、意図した縦方向への打点変化にも対応可能で、スピンコントロールもまさに自由自在です。スキルレベルの高いパワーアスリートにとっては、様々な弾道操作によって、空間のイメージを具現化していけるドライバーといえるでしょう。

5

今までのMPシリーズに比べたら今回の「MP CRAFT ドライバー」は多少ソフトになった感じもしますが、完全にクラブがゴルファーを選んでいますし、このマニュアル操作を機能として発揮できるのは一部のゴルファーのみだと思います。

中級者が楽に打てるほどではないですが、向上心があるのならチャンレンジが可能なレベルかもしれません。私は試打で十分だと思いました(笑)実戦には明らかに不向きです。

ボールの打ち分けがうまくできる上級者レベルの方であれば相性は良いでしょう。最近流行りの低スピン弾道で飛距離を簡単にかせげるようなドライバーではないことは確かです。

ミズノ MP CRAFT ドライバーのお買得情報はこちら

2