11

1

スペックなどに表記はありませんが、このアイアンはソール部分に設定されているバンス角のバランス設定がとても良いと思いました。ライが変化してもヘッドのすわりがとてもいいことが特徴です。

また、このバンス角の働きにより、フェアウェイはもちろん、ラフやバンカーからもソールの抜けがよく、やや厚めにインパクトを迎えても、ヘッドはキレイに振り抜けていく効果を発揮してくれています。

ボックスキャビティのやさしさを持ちながら、このソールの抜けの良さがあることで、ヘッドコントロールも自在となっていて、弾道の操作性も高いレベルを維持しています。

打ち出されていくボールは、打球感に弾きがあることと、ロフトも型度の設定との相乗効果から、強く伸びのある吹き上がりのない弾道でした。飛距離という面でもポテンシャルの高さを感じさせる設定になっています。

装着されるシャフトは均一な粘りがあって、ヘッド挙動を安定させてくれているようで、無駄な動きがない所も好印象でした。

アイアンにやさしさを求める上級者にオススメのクラブです。

テーラーメイド R11 アイアンのお買得情報はこちら

テーラーメイド グローレ アイアンの試打レビュー

2

テーラーメイドは、アベレージクラスのボックスキャビティアイアンを作るのが、昔から上手いように思います。その流れを、このアイアンもしっかりと感じられる作りとなっています。

アドレスしてみると、ボリューム感のあるフェースが目に飛び込んで、当たらないのではないか…という不安感を払拭させてくれます。トップラインも厚めで自然と力強さをイメージできますし、幅広いソールによるすわりの良さもライを選ばない安定感を生んでいます。

打つ前の不安こそが、アマチュアにとっての大敵ですし、そういった一つひとつの不安を解淌できるフォルムで迎え入れてくれることは、ナイスショットをイメージさせてくれるでしょう。

3

打ってみると、まるでウッドのような弾きから生まれる高い初速感とボールのリフト感がありました。

しなやかなシャフトとのマッチングも、それぞれのメリットを昇華させるようなイメージで、少ないパワーでも直線的で高弾道なキャリーによって、やさしくボールを飛ばしていける要素が盛り込まれています。

ゴルフをシンプルに考えて、オートマチックに組み立てていけるアイアンです。

テーラーメイド アイアンのお買得情報はこちら

2