1

2

今回試打評価したのは「キャロウェイ RAZR FIT ドライバー」です。先代モデルはRAZR HAWK ドライバーで、今回の「RAZR FIT ドライバー」はキャロウェイ初の弾道チューニング機能が搭載されています。ただ、私はノーマルポジションのみで試打しました。

チューニング機能付きドライバーを最近良くみかけるようになりましたが、実際は使わないことが多いんですよね(笑)

調整機能を活用するのも悪くないんですが、自分のスイング技術を向上させた上で自分に合ったドライバーを選んだほうが私は良いと思っています。

3

ヘッド形状はシャローヘッドですが、フェースは意外に厚みがあります。ソールのトウとヒールに重量調整用ネジがあったり、フェースアングルが変えれたりと多彩な機能を持っていますが、アドレスしてみると結構すっきりしたクラウンで落ち着きがあります。

あと、アドレスしてみて感じたのですがヘッド体積450ccの割には小さく感じました。多分、ヘッド形状自体がシャープな作りになっているからだと思います。

構えたときの安心感がとてもよかったのでチューニング機能のことはすっかり忘れてしまいました(笑)三角形の形状もスイング軌道が分かり易いので個人的に好感が持てました。

4

フィーリングは程よい弾き感があって、打音も問題なしです。先代モデルのRAZR HAWK ドライバーよりは以前試打した「レガシー ブラック ドライバー」に近い感じです。

機能面を重視しすぎて、フィーリングがおろそかになっていないか心配でしたが、アドレス時の安心感や打感はグッドフィーリングと言ってよいと思います。

操作性が抜群に良いです!

出球傾向は私のスイングですと軽いドローでした。球もあがりやすくてRAZRシリーズの特徴でもあるロースピンも効いていますので、吹き上がりの心配もありませんでした。しっかり芯でとらえて打てば結構飛距離が稼げます。「レガシー ブラック ドライバー」を更にイージーにしたドライバーのように感じました。

個人的に1番気に入ったのは操作性の良さです。450ccヘッドですので、左右に打ち分けるのは難しいかと思っていましたが、意外にもフェード、ドローが上手いこと打てました。これだけ打ちやすいドライバーですと多彩な機能はかえって邪魔かなって思いました(笑)

スピン量を減らしたい方や球筋を打ち分けたいゴルファーにはかなりオススメのドライバーです。チューニング機能に関しては全く利用していないので正直分かりませんが、ノーマルポジションでも十分使い易いドライバーだと思います。

シャフトに関しては純正シャフトはちょっとソフトスペックで柔らかいです。個人的にはしっかり感のあるFUBUKIやTour ADシリーズの方が相性は良いのではないかと思いますので、また機会があればこれらのシャフトで試してみたいです。

キャロウェイ RAZR FIT ドライバーのお買得情報はこちら

2