1

2

今回試打評価したのは「キャロウェイ RAZR X BLACK ドライバー」です。先日試打した同じキャロウェイ社の「RAZR FIT ドライバー」とは兄弟ドライバーになります。名前の通り見た目はブラック色で統一されていてカッコいいドライバーです。

先代モデルは「キャロウェイ DIABLO Octane」になるのでしょうか?見た目が結構似ています。「RAZR FIT ドライバー」がかなり好感触だったのでRAZR X BLACK ドライバーもかなり期待して試打にのぞみました。

3

ヘッド体積は460ccと大きく、ヘッド形状もかなりのシャローバックです。フェースも面長で見るからにやさしいドライバーだと分かります。ターゲット層はキャリアの浅い若い人たちを狙っているんだと思われます。

試打前に構えてみると、フェースが結構被っている感じがしました。フェースアングルはスクエアフェースと聞いていたのですが、そこそこのフックフェースで、構えてみても左に飛ぶイメージばかり浮かんでしまいました(笑)私はフッカーなのでこういうタイプのドライバーは少し苦手意識があります。

4

出球傾向はストレートのスイングで打ってみると、予想通り左に飛びました(笑)ただ、何度も打っていくうちに少しづつではありますが球が安定してきました。スイートエリアも結構広いのでミスショットに対しての許容性は高いのは良い点だと思います。

フィーリングに関しては、思いのほか良かったです。打感は弾き系で程よい硬さでしたし、打音もちょっと高めですが、スイングの邪魔になるような不安感はありません。

弾道はかなり高弾道な球が楽に飛ばせました。個人的にはちょっと上がり過ぎじゃないかと思うぐらい球が上がってくれました。ミスショットをある程度カバーしてくれる点も良かったのですが、私の好きなライナー系の低弾道な球を飛ばすのはかなり難しかったです。

試打時のシャフトは「RAZR X SERIES」だったのですが、これがグリップが細くて重量的にも軽く、結構なソフトスペックでした。フレックスSでもかなり柔らかめで、やさしさを重視したシャフトだと思います。

私のようにしっかり感のあるシャフトが好きな方には、純正のシャフトはかなりタイミングが取りづらく、コントロールしづらいと思います。

キャロウェイ RAZR FIT ドライバーとの比較

先日試打した「RAZR FIT ドライバー」と比較してみると、「RAZR FIT ドライバー」は操作性がかなり良かったのに対して、「RAZR X BLACK ドライバー」は直進性の高い球が飛ばせるタイプのドライバーだと思います。左右に曲げることよりも、素直にストレートボールを打った方が飛距離が稼げそうです。

そして、どちらも球が上がりやすい点は共通しており、RAZRシリーズの特徴でもあるロースピンも効いていると思います。ただ、個人的には「RAZR FIT ドライバー」の方が吹き上がりの心配が無く、意図的に弾道や方向を変えやすいと思います。

打点が安定しないゴルファーや簡単に高弾道な球を打ちたい方には「RAZR X BLACK ドライバー」はオススメですが、球の捕まりはそこまで良くないので、スライサーの方にはあまり相性は良くないドライバーだと思います。

キャロウェイ ドライバーのお買得情報はこちら

2