1

2

今回試打したのは高反発がウリの「プロギア SUPER egg ドライバー」になります。通称、金エッグドライバーとも呼ばれているみたいですが、最近流行りのカチャカチャ系調整機能は一切なしのドライバーで個人的に好感が持てました。

カラーは黒一色でディープ気味のフェースにシャローバック、構えてみると黒効果もあってか小ぶりな印象を受けました。

3

まず手にして伝わってくるのが、手元部分とヘッドから発せられているその軽量感でした。ヘッドフォルムも厚みのあるディープフェースと無駄のない小ぶりな形状のため、見た目はもう少し重いかと思いましたが、シャフトもかなりソフトだったので、ターゲットは意外にシニア層なのかもしれないと思いました。

そして、その軽量感を活かして爽快なスイングで打つと、見事なまでに伸びのある直進性の高い弾道が発揮されました。高反発がウリという事もあって強い弾き感も印象的でした。シャローバックデザインによる低重心化によって、ボールの上がりやすさもまったくストレスがないです。

4

ただし、操作性という点では左右に打ち分けるようなタイプではないです。捕まりは良いのですが、私はなかなか思うように曲げる事は出来ませんでした。むしろ、ドライバーの特性を活かして伸びのある高弾道のボールをオートマチックに、反復性高く打ち出していった方が良いと思います。

あと、シャフトがかなりソフトでマッチングにもよるのでしょうが、スイングのタイミングが合ってくるとヘッドの走りをかなり実感することが出来ます。ムチのようにしなるイメージです。

5

ターゲットに対して、スクェアにフェースをセット。あとは自分のフルスイングでインパクトをしていけば、最高の強弾道で飛距離を稼いでいける。そんな確率の高さを求める、ちょっとパワー不足に悩んでいるローヘッドスピーダーの方にはおススメのドライバーです。

飛ばしの原理からすれば、ヘッドの運動量を増やしていくことがインパクトエネルギーの増大に繋がります。質量×速度の2乗という物理の公式があるように、重くするよりもいかにヘッドを速く動かしていけるか。その速度感の向上をこのクラブは、しっかりと発揮しています。

プロギア SUPER egg ドライバーのお買得情報はこちら

2