11

1

このアイアンの特徴を簡単に説明するなら、マイルドなフィーリングがあるにもかかわらず、そのギャップを感じるほどの高初速感で、安定した鋭い飛距離を生み出してくれるアイアンです。

フェースは、一枚の面としてインパクトでボールをとらえたのち、フェース面でグッとボールを包み込んで一気に弾き返していくような感覚を持っています。

また、打点のブレにも寛容で、芯というよりもゾーンでボールをとらえるエリアの広さも特徴的です。そのエリアの中であれば、上下左右に多少の打点のズレが生じても、フィーリングをまったく変えることなく、誤差の少ない直進性の高い高弾道を発揮してくれました。

オフセットの少ない、オーソドックスなヘッドフォルムからは、機敏な動きを発揮して、ゴルファーの意思を表現できるイメージが強いと思います。ですが、実際にはオートマチックに鋭い初速で、ボールを運んでいける機能に長けたアイアンに仕上がっていました。

飛距離も、安定した方向性も、変わらないフィーリングで、鋭くボールを運んでいける。そんなやさしさを持ったフォージドアイアンです。

ナイキ VR_S フォージド アイアンのお買得情報はこちら

ナイキ VR_Sアイアン試打レビュー

2

打って実感できるのは、フェースの素材はステンレスにもかかわらず、インパクト時のたわみ感が強く感じられることで、衝撃によるエネルギーロスがなく、大きく飛ばせるアイアンです。

フェースから押し出される初速の速さは、某雑誌で見たデータにもしっかりと現れていましたが、それに反して打球感が軟らかいのが面白いところで、ボールを無駄に潰しすぎないフェースの働きがグッドフィーリングでした。

またへツドのモデリングによる、スイートエリアの広さも特徴的でした。重心深度の深さを、スイング中にもしっかりと感じるヘッドはミスヒットにも、ロフト通りの高さで打ち出してくれるイメージでした。

多少トップ気味にヒットしても、厚めなインパクトでも、縦の距離が変わりにくい安定感を持っています。そんな打ち味は、ソフトフィーリングのディスタンスボールとの相性が、とてもよさそうなイメージがあります。

パワーレベルも平均的なゴルファーが、クラブのイノベーティブな機能に助けられながら、やさしくプレーしていくことができる…そんなイメージがぴったりとはまるアイアンだと思います。

ナイキ VR_Sアイアンのお買得情報はこちら

2